「個人が家を売るための流れですが不動産売買を仲介」カテゴリーアーカイブ

個人が家を売るための流れですが不動産売買を仲介

個人が家を売るための流れですが、不動産売買を仲介する会社をセレクト、住宅の査定、売値を決定し、媒介契約を交わし、販促スタート、内覧が入り、買手と金額や条件について話し合い、ようやく売買契約となり、お金の支払いと住宅の引き渡しを確認し、取引終了となります。

気になるのは売却終了までの期間だと思いますが、売り値によって買手のつき方も違うので一概には言えません。

媒介契約の最長は3ヶ月ですので、延長したり別会社と契約しても6ヶ月といったところでしょう。

いざ家を売るとなると、売却経費がかかることに驚く人も少なくありません。不動産業者に売却を依頼すると、もれなく仲介手数料が必要になります。売値の3パーセントに6万円と消費税を加えた金額を不動産業者に対して支払います。

また、登記関連業務を司法書士に依頼する料金や印紙代は必須ですし、測量費が必要な場合もあります。よって必要経費を考慮した上で売却額を決定するわけです。

幸か不幸か家を売りに出した途端、早々に購入希望者が現れ、予定よりだいぶ早く退去する必要に迫られることもあります。

慌てずに済むよう、買い手がつく以前から積極的に荷物の整理をしておくと良いでしょう。

家に住みながら買い手が現れるのを待つのであれば、家電や寝具、食器類などは必要最低限を残し、不用品や不急の品などを分類し、折を見てリサイクル業者に出したり、箱詰めしておけば、荷物も減らせるので転居先でもすっきり生活できます。

インフレや地価上昇を考慮しない限り、新築不動産というのは出来上がって3年目頃を皮切りに最初の10年までは価格が段階的に下落していきます。

しかし毎年下がっていたのにもかかわらず、10年を過ぎると売値にそれほどの変化は見られません。

自宅の買換えや売却に伴う税制上の恩恵が受けられる条件も、「所有期間10年超の居住用財産」ですから、住み替えや売却をするつもりなら築10年を経過したあたりが最適なタイミングということです。

もっともな話ですが、該当物件の所有者の許可がないと、家や土地などの不動産を売ることは不可能です。所有者として複数の名前が記載されている際は、すべての人が売却に同意していなければなりません。

とはいえ、物件の所有者の一人でも亡くなられている場合には、書類が整わないため、売却するには手続きを踏まなければいけません。

相続による登記変更の手続きを行い、変更後にあらためて売却します。マイホームを売却する場合は通常、物件の売出価格を判断するために不動産会社に価額を査定してもらうのですが、築年数は査定額に大きく響きます。金額を決める要素はほかにも立地や日照などがありますが、建物価格は新築からすぐ2割ほど下がり、10年を超えれば著しく低下します。一戸建ての場合は土地と建物の合計価格になりますが、家の築年数次第では建物に値段がつかず、売出価格のほとんどが土地代ということにもなりえます。

建ってから年数がかなり経過した家の場合、売るなら更地にしたほうが良いのではと考えている人も少なくはないと思います。

しかし、絶対にそれが正攻法であるとは言えないと思います。最近は解体費用も高いですし、逆にDIYブームで自分好みに改装して住むというのは雑誌で特集が組まれるくらいですし、中古住宅を買い入れして現代風のリノベーションを施して売る不動産会社も多く、中古物件に狙いを絞って探している人たちもいるからです。

家を売却する場合、住宅ローンの支払いが残っているときは、一般的にはローンの残債を全て支払った上で、はじめて売却という手続きができるのです。

ただし残りの債務が払えないで家を処分しなければならないときは、任意売買(任意売却とも)なら可能です。

住宅の売却益を得たらローンの残債を最優先で返すという条件で、融資元から売却の許諾をもらいます。もし家を売った額で完済できなかったら、借金が残ることになります。

家をこれから売ろうとするなら、売る前に基本的なポイントを理解しておくと買い手がつきやすく、高く売れる可能性も高まります。なかでも効果がてきめんなのは修繕でしょう。そんなに古くなくても人が使った分だけ家というのは確実に老朽化が進みます。DIY程度でも構いませんからできるだけ修復しておくことです。二番目にしておきたいのは掃除です。

年に何回かしか掃除しないような場所もしっかり掃除し、邪魔なものは処分しておくと家がスッキリします。こういった工夫の積み重ねが購入者に「選ばれる家」には必ずあるのです。家や土地などの不動産を売却する際は、売買契約を交わしますから、売主が準備すべき書類は複数あります。登記識別情報(古い物件の場合は「権利書」)、固定資産税納税通知書のように固定資産税額を知るための書類は土地を売る際も建物を売る際にも必要です。それに、物件の内容や所有者の状況によって、揃えるべき書類は異なります。必要になる書類については仲介業者の担当者から連絡があると思いますが、時間を決めて早めに準備していったほうが、手続きはスピーディーに終わります。